絶対なる!地方上級公務員試験合格への道!〔Home〕 > 資料解釈


科目別対策
■教養試験■
一般知能
▽数的処理
数的推理
判断推理
資料解釈
空間把握
一般知識

▽社会科学
政治
経済
社会

▽人文科学
日本史
世界史
地理
思想
文学・芸術

▽自然科学
数学

■専門試験■
▽法律系
憲法
民法

▽経済系
経済原論

公務員試験に向けて
一般的な勉強方法
管理人オススメ勉強方法
公務員試験の勉強方法
公務員試験勉強総論
受験勉強はマラソンです。
勉強の基本は”大”から”小”

勉強は”木”を意識しろ!
敵に勝つには”敵”を知れ!
新しいところ勉強前の儀式
あさ型?よる型?
その他
管理人へメール♪

資料解釈

 ここでは数的処理の4つのジャンルの中の1つ
「資料解釈」についてお話したいと思います。

資料解釈は1〜3問程度だされます。
難易度はちょっと勉強すればいいだけで、
覚えるようなこともほとんどないので、結構カンタンです。
しかし計算することが多いので時間がかかります。

出題される問題はさまざまですが、
何年と何年を比較した表があって、
この値は3倍を超えているか?といったような問題です。

グラフや表の数字が何を意味しているのか、
計算しないとでないのか、そのままでもいけるのかといった
見極めをしていかないといけません。

私の場合、資料解釈についてはあまり勉強しておりません。
時間さえかければ解ける問題なので、
何回も解く必要はありません。
むしろその時間を他の科目の勉強にあててください。

「資料解釈」はできるだけはやく正確に解くことがポイントです!
まず問題を呼んで、グラフを理解した後、
回答をみてあきらかにちがう消せるものは先に消しておき、
数値も198934とあれば199000と四捨五入して計算を早くしましょう!

多少わかりやすい数字にしたからといって誤差によって、
正解できないような事は一度もありませんでしたので大丈夫です。
むしろカンタンな数字にして計算しないと時間が足りなくなってしまいます。落ち着いて解きましょう!


☆管理人推薦!公務員採用試験合格必勝勉強法!☆

資料解釈はは数学が得意とか全く関係ありません。
はっきりいって一番カンタンな部類に入るかもしれないですね。

変わったグラフなんかの見方とはやく解く方法を
マスターしておくことが肝心です。

以下が現時点で最高の教材勉強法だと思います。
参考にしてみてください。

畑中敦子の天下無敵の数的処理!(2)数的推理・資料解釈編

理解本です。かなり有名でメジャーですね。
メジャーなだけあって問題の質・量とともに、解説もとてもわかりやすく、問題の種類も十分です。
地方初級・国家3種レベルだと思って甘くみていてはいけません。カンタンな問題だからこそいろんなエッセンスを勉強しやすいんですよ。資料解釈の場合はけっこう簡単なので、文系の方でもいきなり下の地方上級・国家2種レベルの方からやっても理解できるかと思います。

畑中敦子の資料解釈の最前線! (公務員試験・専任講師シリーズ)

地方初級・国家3種レベルが理解できたら
本試験レベルの問題に挑戦していきます。
資料解釈の場合は文系の人でも
いきなりこれをやっても十分理解できると思います。
これも理解できるまで繰り返し解きます。

ここまできたら本試験でも時間さえあれば解けると思います。
問題自体は簡単なのですが、なにしろ時間がかかる!
はやく解くテクニックを身につけることが肝心です。
満点とるつもりでがんばりましょう!


 



ページのTOPへ

〔Home〕



 絶対なる!地方上級公務員試験合格への道!〔Home〕 > 資料解釈

お役立ち外部サイト

Copyright All Reserved by 絶対なる!地方上級公務員試験合格への道! Since 2007/04/30〜