絶対なる!地方上級公務員試験合格への道!〔Home〕 > 勉強の基本は”大”から”小”


科目別対策
■教養試験■
一般知能
▽数的処理
数的推理
判断推理
資料解釈
空間把握
一般知識

▽社会科学
政治
経済
社会

▽人文科学
日本史
世界史
地理
思想
文学・芸術

▽自然科学
数学

■専門試験■
▽法律系
憲法
民法

▽経済系
経済原論

公務員試験に向けて
一般的な勉強方法
管理人オススメ勉強方法
公務員試験の勉強方法
公務員試験勉強総論
受験勉強はマラソンです。
勉強の基本は”大”から”小”

勉強は”木”を意識しろ!
敵に勝つには”敵”を知れ!
新しいところ勉強前の儀式
あさ型?よる型?
その他
管理人へメール♪

勉強の基本は”大”から”小”

 ここでは公務員試験・大学受験・高校受験・資格試験...などなど
どんな学問を勉強していくにしてもこれさえわかれば理解が格段にすすむ!っという勉強法について少しお話したいと思います。

結論から述べると標題にもなっている
勉強の基本は”大”から”小”っという文言を覚えた上で読み進めてみてください↓



 さて勉強って難しいものが沢山ありますよね。
でも難しそうに見えるのってたくさん文章が書いてあったり、
問題数が多いものだったりしませんか?

人間が難しいと思うものって、
先が見えないものって難しいように思うんですよ。

だってマラソンでもどのくらいの距離を走ればいいかわからないより、
あらかじめ距離を知らせておいてもらった方が気が楽でしょ?

距離がわからないなんて拷問に近いですよね(笑)しんどいし...。

っということはだいたいの距離や道のり、どんな坂があるのかあらかじめ把握して覚悟しておけば、精神的に楽になりまし、体力のペース配分も考えられるわけです。

例えば...あの坂は下りだからちょっと気が抜けるなとか、
道がぬかるんでるから、こけないようにしなくちゃとかですね。
対策が練れるんですよ。

また大きな違いとして前者は消極的精神活動
後者は積極的精神活動ですね。

そこでこのマラソンのお話を勉強に応用してみるとすると...
例えば教科書を読んでいく時にはじめから真剣に読んでいませんか?

それって実は効率悪いんです。。。
効率の良い読み方っていうのは、
1回教科書を最後までさらっと読んで全体を把握してから、
各単元を読み込む方が実は格段に理解が進みますし、
記憶にも残りやすいんです!

マラソンでもどんな道のりか知っていたほうが、
実際走ったときに全然違うでしょ?
勉強でも同じです。
あらかじめ全体の流れを知っていれば、
実際やりはじめたときも全然違うんですよ。

このお話では教科書1冊が『大』各単元が『小』ですね。

さらに細かく応用していきます。

各単元を『大』各ページを『小』と考えると。
勉強の基本は”大”から”小”という定義から
各単元をさらっと1回読む、そして各ページを読み込んでいく。

さらにさらに細かく分類していくと、
各ページを『大』各文言を『小』と考えると。
各ページをさらっと1回読む、
そして各文言を理解するように読み込んでいく。

っといった風になります。

まとめると


教科書1冊さらっと読む
→各単元さらっと読む
→各ページさらっと読む
→各文言理解していく

っという流れになりますね。

ここですごいのは各文言を理解していくという段階に入る前には
なんといつのまにか3回も読んでいることになっているんですよ!

しかもさらっと読んでいるだけなので、それほどしんどくありません、
むしろ気が楽で楽しい作業です!
だってあまり理解する必要はありませんからね。
わからなくても読みとばしてください!
それなのに各文言を理解していく段階に入ると
とっても理解が進むので、むしろ勉強が楽しくなりますよ。


教科書1冊さらっと読む
→各単元さらっと読む
→各ページさらっと読む
→各文言理解していく

っという流れは基本的な流れになりますので、
ご自分のやり方に合わせて


教科書1冊さらっと読む
→各単元理解していく


→各単元さらっと読む
→各ページ理解していく

といった風にご自分の計画、
ペースに合わせた使いかたをしていきましょう!

勉強の基本は”大”から”小”
全体の流れ(大)を把握してから各文言(小)を理解していく。
これは常に頭に入れながら勉強していくと、
ひと味もふた味も違った受験生になれることでしょう!

ページのTOPへ



 絶対なる!地方上級公務員試験合格への道!〔Home〕 > 勉強の基本は”大”から”小”

お役立ち外部サイト

Copyright All Reserved by 絶対なる!地方上級公務員試験合格への道! Since 2007/04/30〜